読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chance

どん底からの這い上がり!変わりたいなら変わればいい。

決着の時

今日郵便物が職場に届く予定だったので、もしそれを見て激怒した後家にきたらどうしようと怯えて窓を開けられなかったここあです、こんばんは。


怖すぎて生きた心地しませんでした。ぇ
一日中恐怖と罪悪感と戦ってた。


ハローワークや労働局、心療内科の先生や弁護士さん、そして友達や親に仕事を辞められないことを相談していたのですが、みんな郵送でいいと言ってくれてました。
(安心したかったため、ありとあらゆる人に相談した)
むしろ会ったらダメだと。
私も正直もう会いたくなかった。
会って話すのが一番なんですが、それができそうもなかったので郵送することを決めました。


それでも不安で、やっぱり会った方がいいのではないか、郵送したことで上司を傷つけるのではないか、このまま逃げたままでいいのかなど罪悪感でいっぱいで足の震えが止まらなくなりました。
ガクガク。


体の正直さにはびっくりです。


そして今日1日電源を切っておく予定だったのですが問題発生。


給料が入ってない…(絶望)


そうなんです。
今日給料日でした。
3回ほど見に行ったんですが、やはり入ってない。


なんてこった…!
もしかしたらと思ったけど、そのもしかしてが的中。


さすがに連絡しないとと思い、震えながらも電源をオン。
大量のラインのメッセージが入ってました。
意外と着信は少なかった。(どうでもいい←)


そこから何かが弾けたのか、嗚咽がでるくらいの号泣。
生まれて初めての過呼吸を体験。


見かねた親が電話すると言ってくれたのですが、ここで自分でかけなかったらたぶん一生後悔すると思ったので少し落ち着いた後に電話しました。


上司との電話は、正直すでにあまり記憶がありません。
私のためにと言ってる割りには、ん?と思うこともあったのですが、それどころでもありませんでした。


その後もゴタゴタしたんですが、結果無事に退職することができました!
有給も大量に残っていたのですが、最後に出勤した日が退職日です。
いいんだもう…。
辞めれればそれでいい。


4ヶ月ほどかかりましたが、やっと本当に解放です!
あと少しだけ書類関係や荷物のことで連絡しなければなりませんが、なんとか大きな問題は解決することができました。


離職票が届くまでは時間がかかるので、それまでは少しゆっくりしようと思います。
やっと心からゆっくりすることができる…!
最愛のGoogle博士ともしばらくはお別れです(笑)


ちなみに心配した親がこっそり私の親友と連絡をとっており、私を外に連れていってほしいと頼んでいました。
一人でいても考え込んでしまうだろうからと。
親友も快諾して会いに来てくれたので、前向きな気持ちに気分転換することができました。


改めて支えてくれた方々に感謝です。


自分一人では乗り越えられませんでした。
早く心も体も元気になって、もらったものを返していきたい!
この気持ちが私の原動力になりそうです。


それにしても長い1日だった…!